トンガリロ山における噴火について(オークランド総領事館より)

平成24年8月7日

在オークランド日本国総領事館

トンガリロ山における噴火について

1. NZ地質調査所は、8月6日午後11時50分、ルアペフ郡のトンガリロ山において噴火が発生し、周辺地域に火山灰が降り積もっていると発表しています。また、NZ防災省は、警戒情報を発出し、噴火は局地的なものであるが、噴火口から半径2km以内の住民に対し外出を控えるよう注意喚起を行っています。

2. NZ警察によれば、噴火による人的被害や家屋の損壊等の被害は発生していないとしています。トンガリロ周辺地域の道路は1号線及び46号線が火山灰除去のため一時閉鎖されていましたが、7日午前にそれぞれ閉鎖が解除されています。

3. NZ航空によれば、7日午前現在、噴火の影響により周辺地域(ネイピア、ギズボーン、タウポ等)発着の国内線に一部欠航が出ていますが、オークランド、ウエリントン、クライストチャーチ等の主要都市発着の国際線は通常通り運行されています。

4. つきましては、トンガリロ周辺地域に滞在・渡航を予定されている方は、今後の火山活動に十分注意するとともに、NZ政府関係機関や報道等から最新の情報を入手し、被害に遭わないよう渡航・滞在上の安全対策に努めてください。

【関連情報サイト】

NZ地質調査所(GNS)

NZ防災省

NZ航空