NZ政府からの無料マスク ー 新型コロナウイルスの影響を激しく受けたご家庭へ

本日午後3時の首相の発表により、オークランドにおける現在の警戒レベル3の状態は更に4日間だけ延長され、8月30日(日)の真夜中にレベル2に移行する事が確実になりました。現在のロックダウン状態は解除され、来週の8月31日(月)からは学校などの教育機関やカフェやレストラン、小売り店やモールなども開きます。(9月6日までに再度の見直しが予定されています。)

けれども前回レベル2に落ちた時よりも厳しく、人が集まれるのは10人まで(葬儀やマオリ式のお通夜&お葬式であるタンギハンガや結婚式などは50人まで)との制限があります。又、今回特に政府が国民への徹底を呼び掛けているのは、公共交通機関や人と触れ合う場所へ外出する際に必ずマスクを着用するという点です。
(マスクは正しく装着使用しなければ逆効果となりえますので、何歳以上においてマスク着用義務が発生するか、又Uber Taxi等における規定詳細は今後数日間の間に決定される予定です。)

尚、オークランド以外の地域では引き続き警戒レベルは2のままとなります(1には落ちない)が、これはオークランドへの出入り禁止が解除されることにより他の地域への感染拡大のリスクが高まる事によります。

さて、マスク着用の義務化と共にNZ政府はスーパーマーケットへの100万枚のマスク配布と民間の各コミュニティー(エスニックグループなどを含む)向けには300万枚のマスクを配ると発表しておりましたが、日本人会でも600枚をいただいてきました。
一家庭につき20枚をお渡ししたいと思いますので、先着30家庭となります。
このマスクは政府の意向もあり、3月26日のロックダウン以後、新型コロナウイルスの影響による諸事情によりマスクの購入が難しい方を優先して配布させて頂きたいと思います。

ご希望の方は seikatsu@jsa.org.nz にお住いのエリア(オークランド東西南北部)を明記の上、お問い合わせください。ご連絡を頂いた方に、オークランド内3か所の受け渡し場所と時間の詳細をお知らせさせて頂きます。

尚、今回のマスクの配布は Belong Aotearoa(移民や元難民など新しくKiwiの仲間入りをした人達の健康・教育・雇用面などを多角的にサポートしてくれるオークランドベースの団体:https://www.belong.org.nz/)と、Auckland Indian Association Inc.(オークランドインド人会 https://www.aiai.org.nz/)の協力により、助けの必要な各コミュニティーに配られています。

●主催:
日本人会生活部

●実施日時:
お渡し日 8/27(木)~9/2(水)

●実施場所:
後日個別にご連絡(オークランド内3か所)

●料金及び支払い方法:
無料

●申込先:
seikatsu@jsa.org.nz

●申込締切日時:
8月26日(水)

●問合せ先:
seikatsu@jsa.org.nz 和田